基本的な売掛金回収法

売掛金とは、商品の売買、サービスの提供をした際に、決められた一定時間後に代金を請求して支払ってもらうという取引形態において、この「代金の請求をする権利(債権)」のことを指します。売掛金回収とは、商品やサービスの対価である売上を回収するという行為になります。つまり、支払ってもらえばこの債権は消滅し、支払いが滞れば「ツケ」が生じるという状態になります。

基本的な売掛金の回収方法とは、請求書を送り、期日までに支払ってもらうというのが一般的です。遅延が生じた場合は、すぐに催促を行い、状況を確認します。その後も支払いがない場合は、会社に行って直接催促する、あるいは話し合いをして解決策を探すことになりますが、支払う意思が見られない場合には、いろいろな手段を講じる必要が生じます。

最も重要なポイントは、できるだけ相手先と交渉を通して解決を試みること。時間をかければかける程ややこしくなってしまいますので、迅速に、適切な対応が求められます。当事者同士で話し合いが難しい場合は、弁護士等の第三者を介して行うと良いでしょう。安全に、精神的ストレスの負担が軽くなりますし、プロに依頼することで、お互いの落としどころを探りながら適切な方法を提案してもらえます。関係が悪化して一円も入らないというような最悪の結果にならないように、慎重にことを運ぶ必要があります。ここでは、売掛金の回収方法や未回収の防ぎ方等を説明します。


コメントは受け付けていません。